2ちゃんコピペ

ひひひ( ^ω^)

スポンサーサイト




上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。





  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

借金は身を滅ぼす②




<1997年12月>

「金銭感覚」が麻痺してませんか?

わたしはコンビニに行ってもあまりモノは買わない。
おそらく2,000円も使うと、「ちょっと買いすぎたかな?」と少し後悔する。
家にいても、できるだけ電気は使わないようにコンセントをこまめに抜く。

なのに、なぜギャンブルをする?
「1万円」をパチンコで使うのは簡単だが、「1万円」を体を使って稼ぐのは大変
なことだ。

この頃、借金の支払いが近くなる月末には、よく日払いのアルバイトをしていた。
「引越しの手伝い」「線路の枕木(まくらぎ)直し」「工場の清掃」「工事現場の
手伝い」など。
1日8時間くらい働いても、6,000円くらいにしかならない。
2日働いても「12,000円」。
それをパチンコでわずか30分くらいで使ってしまう。

「金銭感覚」が麻痺してませんか?


1度落ち着いて自分の状況を考えてみましょう。

○現在の所持金は?
○次の給料日まであと何日ある?
○家賃や水道代・電気代・カードの支払いは大丈夫?

さあ、どうですか?
この段階で全くお金が無い人は危険です。
当然、生活費(食費を含む)も必要ですね。

「まあ、お金が無くてもなんとかなるでしょう」と思わないでください。
そういう人はあと数ヶ月で身動きができなくなります。

1度、サラ金からお金を借りずにがんばってみましょう。
1日1,000円あれば生きていくには十分なはずです。

借金が無い生活を考えてみてください。
楽しいと思いませんか?
支払日に苦しまなくてもいい生活。

「本当に胃が痛い」「眠れない」・・・。

この頃のわたしは「なんとかなる」と、とても楽観的に考えていた。
今思うと、この時期に一度でも我慢をしていれば、人生は変わっていたはず。


<後悔しても遅い>

<人生は後戻りできない>


そして、1997年12月末。
あの「消費者金融」と契約するのである。


<1997年12月現在>
 ・借入先:3件(武富士、DCカード、アイフル)
 ・借入金:65万円
 ・毎月の支払い:81,000円



<1997年12月 PART2>


「♪♪ラララ、無人く~ん、ラララ、無人く~ん、ララララ♪♪」

そうです。
1997年12月某日、ついに「アコム」と契約しました。

この頃は、「なぜ借金をするの?」と聞かれたら、「お金が無いから」と簡単に
即答したでしょう。

それにしても、あまりにも簡単にカードが作れちゃう。
無人機の前に座って、申し込み用紙に名前や住所、家族構成などを書く。
それを無人機が回収してしばらく待つ。
待ち時間は各消費者金融によって長短ありますね。

以前、「アエル」という消費者金融の無人契約機に行ったとき、『ご意見を書い
てください』というノートが設置してありました。
契約書に記入し終わってから、審査結果を待っている間にそのノート読んでみる
と、同じようなメッセージが・・・。

「審査時間が長い!!いったい何時間待たせるんだ!!」
「1時間待たせて、『今回は見送りさせていただきます』は無いだろ!!」

「まじで?1時間も待つの?」と、不安になる私。
結果、本当に1時間くらい待って、審査はNGでした。

それに比べてアコムは早かった。
やはり会社の規模の問題なのかな?

結局、限度額20万円のカードを作ることができました。
無人機からカードが「ニュ~」って出てきた時、本当に嬉しかった。
なんか「勝負に勝った!!」って感じ。
でも、本当は着実に「人生の敗者」の道を進んでるんだけど・・・。

でも、その時は、これで正月を楽しく過ごせるとすごく安心しました。


生きている中で「お金」さえあれば、最低限の幸せは感じることができると思い
ます。
逆に、財布の中に現金が無いと、すごく不安になります。
どこに行くにしても、何かをするにしても「お金」が無いと何もできません。
そのために借金をしてでも現金はあったほうがいいのか?


もうすぐ、私は「借金地獄」という泥沼に落ちていきます。


<1997年12月現在>
 ・借入先:4件(武富士、DCカード、アイフル、アコム)
 ・借入金:75万円
 ・毎月の支払い:91,000円



<1998年1月>


1月1日。
今年は実家に帰らずに、一人で正月を迎えた。
深夜、近くの神社へお参りに行く。

「今年は、ギャンブルで勝ちますように」

そのまま朝まで起きて、いつものようにパチンコ屋に行く。
そういえば、昨日の12月31日もパチンコ屋に行っていたな。

バイト先(パチンコ屋)の店長と、仕事が終わった後よく飲みに行った。
色々と話をした。
女のこととか、学校のこととか、友達のこととか、将来のこととか・・・。
でも、「借金」のことだけは話せなかった。
「借金」のことを話すと、自分の全てを見られるようで怖かった。
親しい人に「おまえは借金をしている情けない男」と見られるのが嫌だった。
今までと同じ付き合いができなくなるんじゃないか。

「国立大学に通い、将来は一流企業に就職する男」
自分で勝手に貼った「レッテル」をはがすのが怖かった。
「国立大学生」という看板をとったら、何も残らない俺・・・。
本当は「借金まみれのギャンブル中毒」なのに・・・。

今思うと、このギャップに自分で苦しんでいたのだろうか?

自分を周りの人に解放することができれば、もっと早い段階で対処法が見つ
かったかもしれない。

1998年。
1月1日から「パチンコ・パチスロ収支報告書」なるものを作った。
いつ、どこで、なんの台に、いくら投資して、いくら勝った(負けた)かを
記入することにより、お金の流れを把握しようと考えた。

<パチンコ・パチスロ収支報告書>
日付   投資   回収
1月1日 35,000円   0円
1月2日 20,000円   0円
1月3日 22,000円   0円
1月4日 13,000円   0円
1月5日 20,000円   0円

ここで、この報告書は終わっている。
5日間で「11万円」も負けたら、どうでもよくなる。

これで、「アコム」も限度額いっぱい借りたし、また次のカードを作らないと
いけないな。

「今度も無事、カードが作れますように」

<1997年12月現在>
 ・借入先:4件(武富士、DCカード、アイフル、アコム)
 ・借入金:85万円
 ・毎月の支払い:96,000円



<1998年2月>


調子がいい。
全てがうまくいく。
大学の試験も順調で、予想通りに「単位」が取れた。

ギャンブルの調子もいい。
1月の不調が嘘のように勝ちまくる。
負けたときでも、1万円の負けで終わる。(こんなのは負けの内に入らない)
2月が終わった時点で、2月の借金の支払いをして、さらに10万円近く残っ
ていた。
そこに、パチンコ店でのバイト代が10万円近く入る。

「金持ちじゃん!!」

でも、本当は金持ちではない。
借金の総額が「80万円」あるのだから、有り金全てを返済にまわしても、
まだ借金は残る。

ここで「よし、返済にまわそう!!」とは全く思わなかった。
現金で「20万円」持っていれば、なんでもできると思った。

「就職活動も始まるし、パソコンを買おう」
10万円くらいで買えないかな?
電気屋に見に行くと、欲しいと思ったパソコンが15万円近くした。
「ま~、1回買えば5年くらいは使うだろう」
(今考えると、本当にパソコンが必要だったのか・・・)

「でも、現金で買ったら、5万円しか残らないし・・・」
ローンで買えないかな?
大学の生協で実施していた「JCBの学生カード・即日発行」に申し込んでみる。
なぜかすんなり通った。
(信販系とサラ金系の情報機関が違うため、信販系のほうだとまだ私は<キレイ>
だった)
しかも、「5万円のキャッシング枠」付き!!

この「JCB」のカードで15万円のパソコンを買った。
毎月、1万円の支払い。
1万円の支払いなんて、痛くもかゆくも無かった。
(このあたりが既に金銭感覚が麻痺していたのか・・・)

実際に私を苦しめたのは「5万円のキャッシング枠」の方だった。
これは「DCカード」と一緒で『翌々月に一括返済』
そのため、最悪「5万円」の返済が回ってきた。
「DCカード」と「JCB」を限度一杯の5万円をそれぞれ借りていると、
「10万円」の支払いになる。

そして、3月。
勝つ時があれば、負ける時もある。
手元にあった20万円はあっという間になくなった・・・。


そして遂に、月額の支払いが「10万円」を超えた。


<1998年2月現在>
 ・借入先:5件(武富士、DCカード、アイフル、アコム、JCB)
 ・借入金:95万円(ローン含む)
 ・毎月の支払い:106,000円






<1998年3月>

月末の支払いが逼迫(ひっぱく)してきた。
毎月月末に3件の支払いがある。

1、武富士・・・15,000円
2、アイフル・・16,000円
3、アコム・・・15,000円     合計:46,000円。

近くの駅前には、消費者金融が集中して入っているビルがあった。
まず、1階の「アコム」で15,000円を返済する。
すると、借入可能額が「10,000円」くらいできるため、そこで限度額いっぱ
い借りる。
そのお金と手元にあるお金を足して2階の「武富士」へ。
そこでも同じように15,000円を返済して、限度額いっぱい借りる。
(ここでも10,000円くらい借りれる)
そして、3階に行って「アイフル」を返済して、また限度額いっぱい借りる。

すると、返済を3件終えて手元に「10,000円」くらい残るのだ。
これを軍資金にパチスロへと向かうのである。

もう既に「自転車操業」の兆しが見えてきていた。

これを繰り返している限り「元金」は全く減らない。
しかも、返済をしたその場で限度額いっぱい借りるのだから、消費者金融にとっては
「好ましくない客」→「かなりヤバイ客」に見られていたのではないか?

※「DCカード・キャッシング」の支払い「50,000円」は月始めのため、パチ
ンコ屋のバイト代でなんとか返済ができていた。

ここで問題なのは、「生活費」という概念が全く存在しなくなっているということ。
手元にあるお金で飯を食い、お金がなければ飯も食べれず・・・。
まとまって入ってくるお金はギャンブル代と借金の返済に消える。

ギャンブル代が無くなったため先月作った「JCBカード」のキャッシングで
「50,000円」を借りた。

「これは翌々月の一括返済なのに、大丈夫なの?」
「なんとかなるでしょう。1回でもパチスロで勝てば10万円くらいすぐにできるって」

とても楽観的。
だが、結果は最悪な事態を招くのだが、この頃はまだ「一発逆転」でなんとかなると思
っていた。


まさか自分が借金で苦しむなんて夢にも思っていなかった。
おそらく犯罪を犯す人も、まさか自分が犯罪を犯して牢屋に入るとは夢にも思わないで
しょう。


<1998年3月現在>
 ・借入先:5件(武富士、DCカード、アイフル、アコム、JCB)
 ・借入金:100万円(ローン含む)
 ・毎月の支払い:156,000円



<1998年4月>


家の中のものがどんどん無くなっていく・・・。
CD、ゲーム、マンガ本、ビデオ、CDウォークマン・・・。

パチスロをやるお金を作るために、CDやマンガ本などを売った。
CDは、最近発売されたものは1,500円くらいで買ってくれるが、古いCDは
200円や100円でしか買いとってくれない。
マンガ本なんかはもっとシビアで、1冊10円や20円の世界だ。

以前に、新聞を読んでたら「あなたの持つエロビデオを高価買取!!」という広告
があった。
もちろん家にあったエロビデオを全て持っていく。
全部で40本近くあった。
予想では、1本200円×40本=8,000円くらいはいけるのかな?と思い、
電車でその店まで持っていった。
40本のエロビデオはかなり重かった。
しかも、「途中で警察に職務質問なんかされたらどうしよう?」と心配しながら
行ったので、かなり疲れた。

店の人に持っていったビデオを見てもらうこと数分。
店員からの驚くべき一言。
 店員:「350円ですね」
 私 :「はい?」
私は一瞬意味がわからなかったので、聞きなおす。
 私 :「1本350円ですか?」
 店員:「全部で350円ですよ」
 私 :「本当ですか?」
 店員:「中古のビデオは売れないんだよね」

ここまでの電車賃にもなりやしない・・・。
もう一度、この40本のエロビデオ(約20キロ)を持って帰る気力も無いし。

 私 :「350円でいいです・・・」


大学3年にもなって、おれはいったい何をしているんだろう・・・。
人生を無駄に過ごしているな・・・。
そういえば、私服もここ最近買ってないし・・・。

なにかが普通の大学生と違う。
時間の過ごし方が明らかに違う。

間違っているな。

この頃、自分の異常性に少し気づき始めるが、時間があればパチンコ屋へと向かう。
お金が無いのに行く。
1,000円しかないのにパチンコ屋に行く。

ああああああああああああああああああ。

25日の借金の返済日が近づく。
でも、お金が無い・・・。

あああああああああああああああああああああ。

どうしよう・・・。
本当にどうしよう・・・。

誰にも相談できない。


<1998年4月現在>
 ・借入先:5件(武富士、DCカード、アイフル、アコム、JCB)
 ・借入金:100万円(ローン含む)
 ・毎月の支払い:156,000円



<1998年5月>


「借り換え」は大変有効な手段だと思う。
金利の高い消費者金融から、金利の安い銀行系へ借り換えることによって、生活
の安定が図られるなら、是非やるべきだ。

でも、私は「借り換え」によって借金が増えていった・・・。

お金が無い。
いつものことだ。
もはや借金をすることに負い目を感じない。

「DCカード」と「JCB」、併せて毎月10万円の支払いが最大の問題だった。

「DCカードとJCBを全部返済したい」
 ↓ ↓ ↓
「毎月の支払いが少ない金融会社から借金をしよう」

そんな賢い(?)選択から私が選んだのは「オリックス倶楽部」。
ここは、50万円までの借り入れだと支払いが1万円ですむ。

「うまく借りられれば、毎月の返済が15万円から6万円くらいになるな」

インターネットで申し込むとすぐに電話がかかってきた。

オリ:「ありがとうございます。今回のご利用目的はなんですか?」
私 :「借金の一本化です」
オリ:「今、借金はおいくらありますか?」
私 :「100万円くらいです」
オリ:「それでは、借り入れ先と金額を教えてください」
私 :「武富士が30万円、アコムが20万円、アイフルが30万円、あと、DC
    カードとJCBからも借りてます」
オリ:「そうですか。ちょっとお待ちください」

(待つこと数分)

オリ:「え~とですね、今のままだとちょっと難しいですね」
私 :「どうすればいいですか?」
オリ:「どこか金額の少ないところを返済して、借入の件数を減らしませんか?」
私 :「それができたらとっくの昔にやっています」
オリ:「う~ん・・・・」
私 :「オリックスさんから借りたお金は全部返済に回して、一本化したいんです
    よ!本当にお願いします!!」
オリ:「ちょっとお待ちください」

(またまた数分待つ」

オリ:「では、30万円お貸ししますので、武富士さんを完済してもらえますか?」
私 :「わかりました。すぐ完済してきます」
オリ:「では、完済しましたら、『完済証明書』を弊社まで送ってください」
私 :「すぐ送ります」

そして、「オリックス」から30万円が振り込まれた。
そのお金で「武富士」を完済する。
でも、結局30万円全部を返済に使ったので、ほとんど手元には残らなかった。

しかし、私の知らないところで大きな変化が起きていたのだ。

それはJDBなどの信用情報機関に新しく記された情報。

 『松下一樹 「武富士」完済』というデータ。

これが私の評価をガラリと変えてしまったのだった・・・。


<1998年5月現在>
 ・借入先:5件(DCカード、アイフル、アコム、JCB、オリックス)
 ・借入金:100万円(ローン含む)
 ・毎月の支払い:151,000円



<1998年6月>


先月、「武富士」を完済して解約した私。
※「オリックス」から30万円借りて返済したので、借金総額は全く変わってい
 ないんですが・・・。

ここで、現在の借金の状態をお知らせします。

借り入れ先     借入額    限度額
アイフル     250,000円   300,000円
アコム      200,000円   200,000円
オリックス    300,000円   300,000円 
JCB       50,000円    50,000円
(キャッシング)
DCカード     50,000円    50,000円
(キャッシング)
JCB      150,000円
(ローン)
 <合計>   1,000,000円

 ※「JCB」と「DCカード」のキャッシングは、毎月5万円まで借りられて、
  翌々月一括返済。

「アイフル」以外は限度額いっぱい借りている。
本当に情けない・・・。

でも、病気は簡単には治らない。

朝起きる。
時計を見る、「8:42」
床に転がっているジーンズをはき、干してあるTシャツを着る。
ぼさぼさ頭に帽子をかぶり、自転車に乗る。
行き先は「アイフル」へ。

あといくら借りられるかは常に把握している。
ATMにカードを入れる。
すると、今まで見たことの無い文字がでてきた。

《増額申込み》

なんだ?
でも、今はそれどころではない。
パチンコ屋の開店時間(9時)まであと数分しかない。
とりあえず、限度額いっぱいの「5万円」を借りる。

<3時間後>

「おけら」になる:(意味)まったくお金がなくなること。

パチンコ屋を出る。
ちょうど昼時なのか、サラリーマンやOLがたくさん歩いている。
おれのポケットには小銭と限度額いっぱい借りたサラ金のカードしかなかった。

「帰ろう・・・」

自転車に乗って少し行くと、さっきの「アイフル」で見た文字を思い出した。

《増額申込み》って、なんとなくいい感じがするんだけど・・・。

急いで「アイフル」へと向かう。
ATMにカードを入れると、やはり《増額申込み》の文字が出てきた。
とりあえず押してみる。

《いつもありがとうございます。お客様は増額の申込が可能です。
 現在の限度額30万円から50万円に増額することができますが、いかがいたし
 ましょうか?》

私にとって全くの愚問である。
当然申し込む。

「ありがとうございます。限度額が50万円となりました。毎月の返済金額も変更
 になりますので、ご確認ください」

まじで?本当に50万円まで借りられるの?
不思議に思いながら、興奮している自分。
《借入》のボタンを押すと、確かに借入可能金額「20万円」という文字。

じゃあ、「10万円」借りられるの?
《借入金額:10万円》とボタンを押す・・・。

「10万円」登場!!

借りれた!!!!

やった!!!!

意味がわからないけど、現金が10万円!!!!

すごく嬉しかった。
なぜかガッツポーズが出る。

その足でさっき「5万円」負けたパチンコ屋へとリベンジ!!
閉店までいて、さらに「6万円」の負け。
でも、まだ現金で「4万円」あるし、「アイフル」でも借りられる。

「よし、明日も朝からやってやる!!」

でも、なんで「アイフル」で増額できたのか、この頃は全くわからなかった・・・。


<1998年6月現在>
 ・借入先:5件(DCカード、アイフル、アコム、JCB、オリックス)
 ・借入金:111万円(ローン含む)
 ・毎月の支払い:159,000円



続きを読む

記事一覧
借金は身を滅ぼす ①
借金は身を滅ぼす ③
借金は身を滅ぼす ④
借金は身を滅ぼす ⑤
借金は身を滅ぼす ⑥
借金は身を滅ぼす ⑦
借金は身を滅ぼす ⑧
借金は身を滅ぼす ⑨
借金は身を滅ぼす ⑩
借金は身を滅ぼす 完済編

  1. 2009/09/05(土) 10:27:19|
  2. 借金生活
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<借金は身を滅ぼす① | ホーム | 借金は身を滅ぼす③>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://kigakubu.blog22.fc2.com/tb.php/52-0f06afe2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。