2ちゃんコピペ

ひひひ( ^ω^)

スポンサーサイト




上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。





  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

借金は身を滅ぼす①




この話は、主人公などの名前以外はすべて”事実”です。

<創刊にあたって>

はじめまして。このメルマガは「借金をしている人」「借金を考えている人」たちに是非読んでいただきたいです。
というのも、作者である私は「借金によって身を滅ぼした1人」だからです。
この「メルマガ」は「1996年4月」から物語がスタートします。
最終回は「2002年5月」です。
この「7年間」に作者は、「400万円」を超える借金をしました。
そして、最終回いったいどのようなことが起きるのか?
作者である私は今どこからこの「メルマガ」を書いているのか?

すべては最終回「2002年5月」で明らかになります。


<人物紹介>

 名前:松下一樹(仮名)
 生年:1976年生まれ
 地元:広島
 経歴:中学・高校と学業の成績は常に上位。
部活はバスケット。
大学は仙台の国立大学。

     
<1996年4月>

地元・広島から大学入学のため仙台に出てきた俺・松下一樹(仮名)
大学の入学式も無事終わり、友達も何人かできた。
大学は「某国立大学の経済学部」

アパートは4階建てで、部屋は3階の角部屋。
・家賃:55,000円(共益費込み)/月

最初の1ヶ月は、街と大学に慣れるためにバイトはしなかった。

・親からの仕送り:120,000円/月
 ※ここから家賃を払う。

・奨学金:40,000円/月

この頃はまだ「ポケベル」が全盛である。
(携帯を持ち出すのはまだまだ先)
・ポケベル代:約3,000円


<5月>

GWが終わった頃、バイトを探すために某アルバイト紙を買う。
「まかない」がでるアルバイトが希望だったので、近くの「そば屋」に電話する。
店の人:「ごめんね。もうバイト決まっちゃたんだよね」
またアルバイト紙を見てみる。
すると、アパートから5分くらいの「パチンコ屋」でバイトを募集していた。
私:「すいません。バイトを募集していますか?」
パチンコ屋の人:「じゃあ、今週の土曜日に来てくれる?面接するから」
私:「はい、分かりました」

結局、このパチンコ屋で大学時代の3年半バイトをすることになる。
・バイト代(パチンコ屋):1,000円/時間
 ※月で大体10万円前後になった。


この頃は、大学のバレーボルサークルにも入り、大学生活を楽しんでいた。
しかし、一人暮らしは暇な時間が多い事実にも気づく。

そして、借金の最大の原因である「パチスロ」の世界にはまっていく・・・。


<1996年5月現在>
 ・借入先:0件
 ・借入金:0万円
 ・毎月の支払い:0円



<1996年9月>

下にあるのは9月の私の通帳明細。

      お支払い   お預かり    差引残高
08.09.12         250,000     271,263
08.09.13  50,000             221,263
08.09.14  30,000             191,263
08.09.14  20,000             171,263
08.09.15  40,000             131,263
08.09.16  20,000             111,263
08.09.17  70,000             41,263
08.09.17  25,000             16,263


9月17日の時点で気づく。
「あっ、大学の学費を使ってしまった!!」

9月12日に大学の学費25万円(半年分の学費)を通帳にいれたのだが、
1週間も経たずに残高が2万円を切っている。
しかも、すべてパチスロ(パチンコも少々)で負けていた。

「どうする?」
不安になる。
いや、不安というよりも、先が見えない。
「おれにどうやって25万円もの大金を稼げるんだ?」

学費の銀行引き落としは、9月27日。
リミットはあと「10日」

人生で初めて「お金の工面」をする。
1、パチンコ屋のバイト代が25日に入る。→10万円
2、ゲームやCDなどを売る。→2万円

※25万円-(10万円+2万円)=13万円

あと「13万円」・・・。


頭の中をよぎる、「サラ金」の3文字。
「でも、おれ学生だし。学生は借りられないんだよな」

その時アパートのポストに入っていた1枚のチラシ。

 『学生・主婦・フリーター 50万円まで審査無し』

「学生でも借りれるんだ」
このときは一瞬これを「神様」だと思った。助かったと思った。

しかし、僕は「地獄の入り口」に立っていたのだった。



<1996年9月現在>
 ・借入先:0件
 ・借入金:0万円
 ・毎月の支払い:0円



             <1996年9月・PART2>

1996年9月。
大学の学費をパチスロで使ってしまい、途方に暮れる俺。
「13万円」がどうしても今週中に必要だった。
そして、ついにどうしようもなくなり、「借金」という安易な考えにたどりついてしまう。


そんなとき、1枚のチラシが目に入る。
 『学生・主婦・フリーター 50万円まで審査無し』

「助かった」と思い電話する。

俺:「すいません、チラシを見たんですが・・・」
男:「(無愛想に)何歳ですか?」
俺:「20歳です」
男:「学生?」
俺:「はい」
男:「いくら借りたいの?」
俺:「できたら15万円くらい・・・」
男:「(かなり無愛想に)今まで消費者金融とかで借りたことある?」
俺:「いえ、1度も無いです」
男:「じゃあ、今から動ける?」
俺:「あっ、はい。大丈夫です」
男:「どこにいるんだっけ?」
俺:「仙台です」
男:「じゃあね、印鑑と健康保険証を持って、今から言うところに行ってくれる?」
俺:「分かりました」
男:「着いたら、もう一回電話ください」

俺:「着きました」
男:「そこに『武富士』さんあるでしょ?」
俺:「はい」
男:「今、こっちでデータを書き換えておいたので、そのまま行ってもらえればお金を借りれますので」
俺:「えっ?お金を貸してくれるんじゃないんですか?
男:「いや、違いますよ。借りれる所を紹介するだけですよ」

今考えると、これは「紹介屋」といわれるものだった。
結果的に「30万円」の限度額を勝ち取る(?)ことができた。
そして、その「紹介屋」に「5万円」を振り込んだ。

「ま~、学費も払えたしOKとしよう」
かなり簡単に考えていた。

しかし、「武富士」さんと6年も付き合うとは夢にも思っていなかった・・・。

そして、加速度的に借金は増えていく・・・。


<1996年9月現在>
 ・借入先:1件(武富士)
 ・借入金:20万円
 ・毎月の支払い:15,000円



<1996年10月~1997年1月>

9月につくった「借金20万円」。
毎月4万円ずつ返していくと、4万円×5ヶ月=20万円。
「完済」するのである。

「なんだ、簡単じゃん」

しかし、実際は簡単ではなかった。
10月は、がんばって「4万円」を返済した。
11月は毎月返済額「1万5000円」。
12月も毎月返済額「1万5000円」。

20万円-4万円-1.5万円-1.5万円=13万円。

う~ん、順調だ。しかし、これには続きがある。

13万円+3万円+3万円+1万円=20万円

返済した分(7万円)を、12月にお金に困って借りてしまったのだ。
結局、12月になった時点でスタートに戻ってしまっていた。

「ま~、大丈夫でしょ。12月・1月は大学も冬休みだし、バイトの時間を増やそう!!」

本当に12月・1月は働いた。
パチンコ屋にクリスマスも正月も無い。逆に「稼ぎ時」なのである。

12月:200時間(バイト時間)
 1月:150時間(バイト時間)

(200時間+150時間)×1,000円(時給)=35万円(バイト代)

「35万円」は学生としてはかなりの額だ。
にもかかわらず、お金は無かった。
借金も返済できていなかった。

「パチンコ屋」で働いた金を「別のパチンコ屋」に捨てていた・・・。


でも、この時期は楽しかった。
大学の友達とコンパしたりスノーボードに行ったり。

「借金」とは上手く付き合えると思っていた。

しかし、1997年は「人生で最悪の1年」になっていく・・・。


<1997年1月現在>
 ・借入先:1件(武富士)
 ・借入金:20万円(全く減っていない)
 ・毎月の支払い:15,000円



<1997年2月~1997年3月>

この頃は大学のテスト期間中のため、パチンコ屋のバイトがあまりできないでいた。
当然、バイト代もいつもの半分くらい(4万円)しかもらえず、生活費が逼迫し、
家賃も滞納気味だった。

財布の中には、限度額いっぱい使っている「武富士」のカードが1枚入っている。
なんの意味も無いカード。
もはや「返済」の時にしか使わないカード。

「もう1枚カードを作ろう」
「今度は限度額の中でお金を出し入れできるようにしよう」

今考えると、そんな自分への言い訳を何度も考えていたかもしれない。

そして、手に入れた2枚目のカード、「DCキャッシングカード」。
このカードを簡単に説明する。
これは、毎月限度額5万円借りて、借りた分は翌々月1回払いの「キャッシングサービス」と、毎月1万円支払う「ローンサービス」(限度額10万円)の二つのサービスが利用できる。

カードのデザインがちょっとかっこ悪いが、簡単に手に入ったので良かった(助 かった)。

しかし、カードが届いた日、ATMであっさり5万円借りた。
その5万円はパチスロであっさり飲まれた。
いつものパターン。

「支払日は翌々月だから、まっ、いいか」

3月になると、また5万円借りることができた。
そして、またパチスロに投入する。
朝早く起きてパチスロに行くのが、すごく楽しかった。
朝8時に起きられないと思うと、夜寝ないで行ったこともたびたびあった。
でも、そのときは楽しかった。

しかし、負けた日はすごく憂鬱になり、
「もう、パチスロはやめよう」
何万回も思った。紙にも書いた。
でも辞められない。
次の日になると、パチンコ屋に行きたくてしょうがないのである。

「病気」

この「DCカード」が「毎月5万円の返済」という重い障害だった、と気づいた時、なんとなく将来が見えなくなっていた・・・。


<1997年3月現在>
 ・借入先:2件(武富士,DCカード)
 ・借入金:30万円
 ・毎月の支払い:65,000円



<1997年4月>

4月になり、無事に2年へと進級した私。

大学2年生になり、なにかが変わった?
いや、何も変わってなかった。
借金が「30万円」に膨らんだことと、好きなものが2つ見つかったことぐらいか。

1つ目は、「ビリヤード」。
大学にはほとんど行かず、朝からビリヤード場にいりびたっていた。
ずっと遊んでてもお金をあまり使わないですむので、金の無い自分にはピッタリの遊びだった。
そして、上手くなるにつれて女の子にモテるような気がしてた。

でも・・・。
もう1つ目がダメだった。

「風俗」

最悪ですね。
「ギャンブル」に「風俗」。
広島から仙台まで来て、いったいなにをしているのか。
親が知ったら泣きますね。
毎月仕送りをして、学費まで払って・・・。
まさかこんなことをしているとは夢にも思ってないはず。

だが、その頃の私の生活は、

「ビリヤード」→「パチスロ」→「パチンコ屋のバイト」→「風俗」

この繰り返し。
「パチスロ」で勝った日は、

「ビリヤード」→「パチスロ」→「パチンコ屋のバイト」→「風俗」→「風俗」

みたいな日もありました。

これで借金を返せるわけがないですね。
返す気が全く無い生活態度です。

でも、「なんとかなるんじゃないかな」
とても安直に考えてた。

『自己破産』『多重債務』『整理屋』・・・
自分には一生関係無い言葉だと思ってました。

そうだ!!
今月もしっかり「DCカード」で5万円借りてます。

結局、「DCカード」は更新が不可になり、カードが使えなくなる日まで毎月借りてました。

 60ヶ月(5年)×5万円=300万円

5年間で「300万円」が行き来してたんだな~って思うと、なんとなく感慨深いです。


<1997年4月現在>
 ・借入先:2件(武富士,DCカード)
 ・借入金:30万円
 ・毎月の支払い:65,000円






<1997年5月>

5月は金回りがよかった。
理由は簡単。
パチスロが勝ちまくったのである。
何気なく座った台が大爆発で大勝ち。
負けた日でも、1万円の負け(これは負けにならない?)
この頃の台は、勝つ時は本当に10万クラスの勝ちも結構あった。

この時期、私が打ってたのは、今はなき「大東音響」の台。
(知っている人はすぐ分かりますよね?)
朝から並んで打ってたのは、今思うとこの台くらいです。

3,000円で80,000円の勝ち → 60,000円の返済。
2,000円が70,000円 → 50,000円の返済。

この頃だけですね、1日に2回返済したのは。
20万円あった「武富士」の借り入れが、一瞬だが90,000円になりました。

「いける!!」
「あと9万じゃん。楽勝~!!」

ただここで大きな問題があった。
返済した11万円は、いつでもATMでキャッシングできるのである。
この11万円を、いつでも引き出すことができる「貯金と同じようなもの」と勘違いしてしまうのである。
貯金が無くても、消費者金融の限度額に余裕があると、とても安心した。
逆に、どうがんばってもお金の工面ができないときは、すごく不安になる。
そして、こう思うのである。
「もう1枚、カード作れないかな?」

5月は本当に借金をしないで過ごせた。
しかし、それは「たまたま」パチスロで勝ったからである・・・。


<1997年5月現在>
 ・借入先:2件(武富士,DCカード)
 ・借入金:14万円
 ・毎月の支払い:65,000円


<1997年6月~7月>

みなさんはどうやって、たくさんある消費者金融から借り入れ先を選んでますか?
やっぱり「認知度」がある会社ですか?
毎日テレビでCMをやっていますね、「アコム」「武富士」「アイフル」など。

この頃のわたしは、当然、「金利の高さ」や「取り立ての悪さ」なども詳しくは分からず、「テレビでCMをやっているところは、安心なんだな」と簡単に考えていました。

「アコム」か「アイフル」だな。

この頃、ついにお金が回らなくなってきた。
食費に加え、服代、遊ぶお金、家賃、それに大学の教科書代が結構厳しかった。
どう考えても、あと5万円が足りない。
「延滞」だけは絶対に嫌だった。
実家に連絡がいくのだけは避けたい・・・。

「よし、もう1社借りよう。限度額を5万円にして、5万円だけ借りよう。あとはなんとか、バイト代が入るまでがんばればいいし・・・」

借りるなら・・・、思い当たるのは「アコム」か「アイフル」だった。
よし、どっちかだな。

なぜか選択肢は二つしかなかった。
そして、家の近くにある「アイフル」になんとなく決めた。

「たぶん、貸してくれるでしょう」
かなり楽観的に考えていた。

「アイフル」の支店に行く。
「学生」だと貸してくれないので、「フリーター」として契約をした。

アイフル:「おいくら入用ですか?」
わたし :「5万円ほど・・・」
アイフル:「え~とですね、30万円まで限度枠をお作りしますね」
わたし :「あっ、・・・、はい。お願いします」

というわけで、限度額30万円のカードが1枚手に入った。
一応、まだ5万円しか借りていないが、残り25万円を借り切るまで、そんなに時間はかからなかった。


<1997年7月現在>
 ・借入先:3件(武富士、DCカード、アイフル)
 ・借入金:45万円
 ・毎月の支払い:71,000円



<1997年8月>

大学2年のお盆に実家に帰りました。
1年ぶりの帰郷です。
本当、久しぶりでした。
地元の友達と遊んだり、親の家庭料理を食べたり・・・。
高校時代とは違い、夜に酒を飲みに行って、かなりおそくまで遊びました。
友達も大学に進学したのもいれば、もう社会人になって働いているのもいて、色々話をして盛り上がりました。

でも、もちろん借金の話はできません。
みんなからは「おまえは俺らの学年でも1番の出世頭なんだから、期待してるよ」
と、言われたら、絶対言えないです。

「おれ、パチスロのやり過ぎで50万近く借金があるんだ」

絶対言えないです。
「借金をしていること」は、今まで築いてきた「自分」を全て否定するものなのです。

親も、久しぶりに帰ってきて少し大人になっている子供を見て、嬉しそうでした。
近所にも「せがれが仙台から帰ってきてね」なんて、言っているのを見たら・・・。

「おれ、パチスロのやり過ぎで50万近く借金があるんだ。だから、少しお金を貸して」
言えないです。

1週間後、何事もなかったように地元・広島から仙台へと旅立ちました。

仙台に着いたその日、実家からダンボール一杯に大量の食料品が届きました。
「とりあえず、これだけあれば食べ物には困らないね」
母親からのメモが一緒に入ってました。

おそらく、人間にはやりなおすきっかけが何回かあるのでしょう。
今回の帰郷はまさしくその一つだったと思います。
でも、わたしはそれに気づかなかった。

「まだ、大丈夫。大丈夫」
なぜか自信だけはありました。

そして、また「ギャンブル」と「借金の生活」が始まりました・・・。
徹夜明けに消費者金融のATMに行って金を借りて、パチンコ店に並ぶ・・・。
負けたら、とりあえず大学に行って友達と飯を食って、バイトして・・・。
最悪の生活です。


ちなみに、先月作った「アイフル」から、地元に帰る旅費として10万円借りています。


<1997年8月現在>
 ・借入先:3件(武富士、DCカード、アイフル)
 ・借入金:55万円
 ・毎月の支払い:81,000円


<1997年9月~1997年10月>

「自転車操業」。
借りて返す日々。

この時期、毎月の支払いが9万円近くになっていた。
かなり厳しい。
理由は、「DCカード」の『1回キャッシング』。
毎月の借入限度額が5万円で、翌々10日に全額返済する。
たとえば、6月に5万円を借りると、7月にはもう5万円借りられる。
そして、8月10日に、6月分の返済額・5万円を返すと、8月15日にはもう5万円借りることができる。

5年近く、この繰り返しだった。
この「自転車操業」が終わるとしたら、次の二つしかないと思ってた。

(1)どこかの時期で「DCカード」から借りるのをストップする。
(2)返済が滞り、カードが止められる。

結局、私は(2)でした。

武富士などの消費者金融と比べて、信販系の場合、催促(さいそく)が少し遅い。
例えば、期日に返済できない場合、その10日後くらいに催促の「はがき」が来る。
そして、時を同じくして電話もかかってきます。

それが、消費者金融の場合、1日でも遅れるとすぐに電話がかかってきます。
「どうなってるの?」
「返済日ですよ!!もしかして、返さないつもり?」
ってな感じです。
胃が痛い。

さらにもっと大きな問題は、「この返済が遅れたという情報が消費者金融全体に広まる」
ということです。
最悪、武富士で返済が遅れたにもかかわらず、アイフルから借りることができなくなることがあります。(アイフルにはきちんと返済していても)
そして、また別の消費者金融から借りる場合も、この「返済遅れ」が原因でカードが作れないことがあるのです。

びっくりしますよ。
某消費支社金融の無人契約機でカードを作ろうとした時、

声:「今まで、延滞が遅れたことはありませんか?」
私:「(本当はあるのに)はい、ありません」
  <数分後>
声:「申し訳ございません。松下様、こちらでお調べしたところ、1度お支払いが延滞したことがあると記録されているのですが?」
私:「(とぼけて)あっ、そうだ。すいません、1度ありました」
声:「もうしばらくお待ちください」
  <さらに数分後>
無人機の画面に『申し訳ございませんが、今回は見遅らさせていただきます』の文字。

情報は流れてますよ。

すべて順調に返済がいってればいいけど、どこかでつまずくと一気に崩れます。
今までいくらでもお金を貸していた所が、一瞬で貸すのをやめ回収に動き出します。
そして、その時期「自転車操業」に陥っていると、100%OUTです。

仕事も手につかなくなります。
「合法的な犯罪」とか、「ブラックの方でも必ず融資!!」に目がいきます。

私が言うのもなんですが、こうなったら、もう一般社会人としてダメですね。


ここで一句。

「今思う お金は自分で 稼ぐもの」


<1997年10月現在>
 ・借入先:3件(武富士、DCカード、アイフル)
 ・借入金:60万円
 ・毎月の支払い:81,000円


<1997年11月>

よく私は悩んでいた。
「なんでだろう?」
「なんでお金が無いんだ?」

この当時の私の1ヶ月の生活費はこんな感じだった。

・親からの仕送り:10万円
・日本育英会の奨学金:5万円
・パチンコ屋でのバイト代:約10万円

合計:25万円。

「どうして、毎月25万円のお金があって、借金をしなければいけないの?」

普通に考えて、毎月の家賃が5.5万円。食費が6万円、遊興費を5万円としても、合計17万円前後だ。

「あれ?ってことは、毎月8万円くらい貯金できるじゃん?」
それが、毎月5万円くらい借金が増えているのだから、いったいどんな生活だったのか・・・。

大学4年間、毎月8万円貯金をすれば、卒業時には400万円近くの貯金があったはず。
しかし、逆に私は卒業時に300万円近い借金を作っていた。

この差はいったいなんなんだ?
答えは簡単。

「ギャンブル」

もし、今、私が大学1年生に戻れたら絶対「パチンコ・パチスロ」はやらない!!
絶対やらない!!
100%やらない・・・。

でも、おそらくやるのである。
そんな簡単にギャンブルから手を引くことができたら、借金を400万円も作らない。

「ギャンブル中毒」

この言葉だけだとピンとこないが、次の項目に当てはまったら「ギャンブル中毒」の可能性があります。

1、ギャンブルの後、強い自責の念にかられたことがる。
2、オケラ(全くお金が無くなる)までギャンブルをしないと家に帰れない。
3、ギャンブルのために、物を売ったことがある。
4、ギャンブルの為に、会社・学校をさぼったことがる。
5、ギャンブル資金を借りたことがある。

さあ、どうですか?
ちなみに、私は全て当てはまってました。

私は「重度のギャンブル中毒」です。


続きを読む

記事一覧
借金は身を滅ぼす ②
借金は身を滅ぼす ③
借金は身を滅ぼす ④
借金は身を滅ぼす ⑤
借金は身を滅ぼす ⑥
借金は身を滅ぼす ⑦
借金は身を滅ぼす ⑧
借金は身を滅ぼす ⑨
借金は身を滅ぼす ⑩
借金は身を滅ぼす 完済編


  1. 2009/09/05(土) 18:33:39|
  2. 借金生活
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<ピッコロ | ホーム | 借金は身を滅ぼす②>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://kigakubu.blog22.fc2.com/tb.php/51-d3cb7668
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。