2ちゃんコピペ

ひひひ( ^ω^)

スポンサーサイト




上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。





  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

じいさんはどこだ




長年連れ添った仲の良い老夫婦がいて
「片方が先に死んだら、さみしくないように壁に埋めよう」
と言い交わしていた。
しばらくして、婆さんが先に死んだ。
爺さんは悲しみ、約束通り婆さんの死骸を壁に埋めた。
すると、ことある事に壁の中から「じいさん、じいさん…」と婆さんの呼ぶ声がする。
爺さんはその声に「はいはい、爺さんはここにいるよ」と答えていたが。
ある日、どうしても用事で出なくてはいけなくなったので村の若い男に、留守番を頼んだ。
男が留守番をしていると、壁の中から婆さんの声がする。

「じいさん、じいさん…」
男は答えた。
「はいはい、じいさんはここにいるよ」
最初のうちは答えていた。
けれどしかし、婆さんの声はなんどもなんども呼んでくる。
「じいさん、じいさん…」
やがて、男は耐えきれなくなって叫んだ。
「うっせえ! じいさんはいねーよ!」
すると、壁の中から鬼の形相をした老婆が現れ、「じいさんはどこだあ!」と叫んだ。





すると突然、まばゆいばかりのスポットライトが飛び出したばあさんを映し出す。
「JI-I-SA-Nは」「どこだ!」ステージにばあさんの声が響く。
詰め掛けたオーディエンスはばあさんの久々のステージに期待で爆発しそうだ。
今晩も伝説のリリックが聴ける。ストリート生まれヒップホップ育ち。本物のラップが聴けるのだ。
キャップを斜めに被りオーバーサイズのTシャツを着たじいさんがターンテーブルをいじりながら目でばあさんに合図する。
重たいサウンドがスピーカーから響く。ショウの始まりだ。
「 ここでTOUJO! わしがONRYO! 鬼のGYOUSO! ばあさんSANJYO! 
 違法なMAISO! じいさんTOUSO! 壁からわしが呼ぶGENCHO!
 (ドゥ~ン ドゥンドゥンドゥ~ン キュワキャキャキャッキャキュワキャ!)
 年金減少! 医療費上昇! ボケてて大変! 食事の時間!
 冷たい世間を生き抜き! パークゴルフで息抜き!
どこだJI-I-SA-N老人MONDAI! そんな毎日リアルなSONZAI!
 SAY HO!(HO!) SAY HO HO HO HO!」
じいさんのプレイも好調だ。オーディエンスの熱狂は怖いくらいだ。
まだ俺らの時代は始まったばかりだ、そんなメッセージがマシンガンのようにばあさんの口から飛び出していく。
本物のヒップホップ。それがここにあるのだ。




スポンサーサイト
  1. 2009/05/15(金) 02:02:37|
  2. 怪談
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

同じスレにいるだけで恥ずかしい




310 名前:ν速民:2006/02/27(月) 23:07:01.04 ID:q/iLIR/00 ?
高校3年の夜中の1時頃、当時好きだった女の子の家まで自転車で行って、ケータイでその女の子に「ちょっと外見て!」ってメールした。
彼女が部屋の窓から顔出したのを見て「おーい!なぁ、海でも見に行こうぜ!」って大声で呼んだ。
俺としては「・・・うん!今行く!」って言って、こっそり抜け出してくれる筈だったんだが、「はぁ?なんだこいつ?」みたいな顔されて、彼女の家族が総出で出てきて家の外で彼女の父親に怒られた。
こんな夜中に家に来るのは非常識だとか、うちの娘にこれ以上迷惑をかけるなとかボロクソに言われて泣きそうになりながら一人で海行って「あーあ駄目だったなぁ・・・ははっ・・・」とか独り言言いながらたそがれてた。
周りにチラホラ人も居たから明らかに変質者だと思われてた。

3年間封印してきたけどこのスレのせいで封印が解けちまった。


314 名前:ν速民:2006/02/27(月) 23:07:57.67 ID:rvgQUiLz0
>>310
超ワラタw


326 名前:ν速民:2006/02/27(月) 23:11:41.45 ID:gQF13qaI0
>>310
強烈弾wwwきたwwwww


342 名前:ν速民:2006/02/27(月) 23:14:12.63 ID:v4yc0KkE0
>>310
同じスレにいるだけで恥ずかしい


343 名前:ν速民:2006/02/27(月) 23:14:16.07 ID:07MEDTir0
>>310
ちょwwww彼女じゃなくて片思いかよwwwそれ積極的なストーカーじゃん


349 名前:ν速民:2006/02/27(月) 23:15:52.82 ID:gZwQt/V4O
>>310
こんな奴には近づきたくない


378 名前:ν速民:2006/02/27(月) 23:19:47.43 ID:q/iLIR/00 ?
更に後日談がある。>>310は夏休みの終わり頃の話。
そんで新学期になって同じクラスだから当然彼女とも顔を合わせる事になる。
もう本当どんな思考回路をしてたのか自分でも全然分からないが、「たかあき(俺の名前)君、前はお父さんが怒っちゃってごめんね?あのさ、今日でよかったら、海連れてってくれないかな?」
とか言われると確信してた。
そんで始業式が終わった辺りになっても言ってこないもんだから、彼女の所へ行って「お前らしくないぜ!」「俺が気にするような奴じゃないって事、お前なら知ってる筈だろ?」とかなんとか一方的に言いまくってたら、いつの間にか女子グループに囲まれて、キモイだのなんだの言われまくった。
彼女は「もう嫌だぁ"~」とか言いながら泣いてた。
学校が終わって自転車置き場で俺も一人で泣いた。
泣きながらも次はどうやって海に誘おうか考えてた気がする。
タイムマシンがあったら今すぐ自分を抹殺しに行くわ。



388 名前:ν速民:2006/02/27(月) 23:20:48.10 ID:YkvcrVgv0
>>378
こ れ は 酷 い


395 名前:ν速民:2006/02/27(月) 23:21:38.16 ID:rvgQUiLz0
>>378
オレまで死にたくなってくるじゃないかwwwwwww


455 名前:ν速民:2006/02/27(月) 23:34:56.77 ID:wH7dRHCqO
>>378
最強!!笑いをありがとう




  1. 2009/05/11(月) 02:29:27|
  2. 中二病・黒歴史
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

3連オブラート




高校生のとき漫画に影響されてギターをやっているやつが格好良いと思い始め、弾けもしないのに近所のリサイクルショップでハードケースだけ買って毎日空のままそれを持って登校していた。
これで女にモテモテだろうと思いきや、寄ってきたのはキモメン友達のみ。
設定は伝説のギタリストの死に際に偶然立ち会った際に託されたギターというものだったので「それどうしたの?」と聞かれると「ああちょっとな…」と答え、小声で「いつかあんたを越えてみせるよ…」とか言ってた。


休み時間はこれまた読めもしないバンドスコアを広げ、難しい顔をしながら脚を組んで頬杖をつき
「くだらん音楽だ…」とか「ほほぅなるほどこれは」とか「何っ、3連オブラートだと!」とか1人でぶつぶつと言っていた。



ある時クラスのイケメン集団にギター見せろよとたかられ、「これは気安く見せられるものじゃないんだ」とか「それにある一定のレベルに達してないと音が出ないんだ」とか必死で誤魔化してたら
「じゃああいつ呼ぼうぜ」とイケメンが言い出して隣のクラスの超絶ギタリスト(大会で入賞していたりする)を呼んできてあああああああああああああああああああああああああ




  1. 2009/05/11(月) 02:10:51|
  2. 中二病・黒歴史
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。