2ちゃんコピペ

ひひひ( ^ω^)

スポンサーサイト




上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。





  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

タコ部屋から逃亡してきました①




タコ部屋とは

賃金の上前をはねたり、逃げる者に暴力をふるったりして、監禁同様に労働者を働かせた飯場。

【語源】 一度ここに入れられると、まるでたこ壺に入ったタコのように抜け出られないところからつけられた。
昔は「自然溢れる牧場で働きませんか?」などと言って北海道でトンネル工事や道路作るのにコキ使われた人がいたらしい。地元では「タコ」と言ってバカにしてたそうな。


1 :私事ですが名無しです :04/05/14(金) 23:18 ID:VMeBdeLZ

貴方はタコ部屋ご存知ですか?
安い賃金で無理矢理強制労働を。言う事を聞かないと殴る蹴るの暴行を。
そこで当時の事を再現して書きます。

私が上野でブラブラしてた時の事です。当時無職。

おじさんがニコニコ笑いながら、
「君仕事してるのか?」

僕「してません」

おじさん「良い仕事があるんだけど、どうかな?軽作業だよ。
給料は3月契約で100万だすよ。但し、住み込みが条件だけど」

僕「お願いします」

おじさん「明日の14時に北千住の駅に迎えに行くから」

この後に地獄が待って居るとは、誰が想像できただろう。



北千住で落ち合った後はおじさんが家で美味いものを御馳走するとの事でした。
飲んで食べた後に猛烈な眠気に・・・・・・・
気がついたら車の中でした。

僕「何処まで行くのですか?」

おじさん「心配いらないよ。住み込む仕事場に直行してるんだ。
まあコーヒーでも飲めよ」

・・・今思えばコーヒーになんらかの薬が。気が付くのが遅過ぎた・・・
もうここまできたら仕方ないので流れのままに。


再び眠りから覚めると、見た事も無いような、山の中に。
案内されたところは 重機が置いてある工事現場だった。
まず監督と現場責任者を紹介される。どこから見てもヤ〇ザだ。

監督「お前等明日から仕事だが、能率が悪いやつは鉄拳制裁だからな。
その前にお前等が今日から寝泊りする所を案内する」




続きを読む
スポンサーサイト
  1. 2009/04/19(日) 23:55:51|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

タコ部屋から逃亡してきました②




219 :1 ◆8kZl85I/m. :04/05/18 20:21 ID:fm51KijY

・・・田島さんが翌日消えた・・・
田島さんは死んだと思う人もいますね。
普通に予想すればそうですが・・・・
田島さんは顔面血だらけで、歯が3本程折れました。
殴られて確かにダメージはあるのですが、死に至るまでのダメージではない。
もしも、余力を貯める為に死んだふりしてたとしたら・・・・・・
仮病を使い、昼間誰も居なくなるのを待って逃亡したとしたら。

本当の所は、僕もわからないのですよ。
でも旅行の仕事に出たと言うのが、負け惜しみかも。そんな可能性もあります。

ヤクザがその後に言ってた言葉が思いだされます。

ヤクザ「お前等、もしも逃亡が発覚したら足の親指切断するぞ。
教えてやるよ。足の親指を切断したらバランスが取れなくて走っても転ぶぞ」


本当のところは田島さんはどうなったのか知らないが、
何処かで生きていると信じたい。

そして相変わらずの日々が続く・・・そして・・・
明日は待ちに待った給料日だ。ほとんど期待はしてないけど。
マイナスがないように祈るばかりだ。そして日没で仕事も終わる。
何時ものようにドアをドンドンと蹴る音がする。
何時もは大嫌いな音も今は期待と不安が入り混じる。

ヤクザ「お~し、お前等。今日は楽しい日だ。そして明日休みにする」

寮の中から歓声があがる。ヤクザは袋の中から封筒を取り出す。

ヤクザ「お前等の給料だ。順番に取りに来い」

話の前に給料の明細をお知らせします。


給料 330000円
税金10% -33000=297000円
部屋代 2000X30=60000円
食事代 2000X30=60000円
作業道具及び作業着レンタル 500x26=13000
寮雑費 10000円
購入費 105000円
給料残 49000円

意外に残ってるので驚いた。同時に安堵感が。

でも僕はまだ良い方だが、酒を飲んでる鈴木さんは-60000円の給料だった。
給料がある人間は現金で貰い、マイナスの人間は借用書を書かされる。
マイナスの人間は利子が付いて10日で1割だそうだ。
それだけで月に-18000円になる。恐ろしいシステムだ。




続きを読む
  1. 2009/04/19(日) 23:33:12|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

タコ部屋から逃亡してきました③




【新章】 脱出にむけて

そしてもう1人。1週間後にやってきた。
結構使えそうな人物だ(後に脱走のキーマンになる男)。
名前は川口さんだ。
青木さんは20代後半、川口さんは30前半みたいだ。
川口さんはありとあらゆる薬を経験して普通の薬は効かないそうだ。
出された物を飲んだら変な薬と気がついたと言う。
僕は熟睡したけど、川口さんは半分寝たふりをしてたらしい。
川口さんの場合は借金が100万あり、3ヶ月働けばチャラにすると言われて来た。
川口さんは色んな飯場とか経験済みみたいでなんとも心強い。
送迎人から(引き渡す人)ヤクザ2人組に引き渡し、そのままここに直行したらしい。

都合が良い事に今日は休みの日だ。
平日なら監督の所に直接案内され荷物検査を受けるからだ。

川口さんは到着してからすぐにトイレと言って外に出た。
重要な荷物を隠す為に(なんと頭がきれる人だろう)。



僕「川口さん。半分起きてたんですか?」

川口「寝てたけど途中で目が覚めて寝たふりしてたよ」

僕「そうなんですか。1つ質問して良いですか?」

川口「ああなんだ?」

僕「ここは海の近くでしょうか?」

川口「ん?海ではないぞ。多分な。潮の香りはしないし」

僕「どこなんですかね」

川口「俺の予想だと南関東辺りだな」

僕「南関東って何処の辺りですか?」

川口「長野、山梨、静岡辺りだろ」

僕「ありがとうございます」


僕は何処か海の近くだと思ってたが、どうやら違うらしい。
ではあの生臭い海水みたいなスープは…あのワカメと魚はなんだろう。
もしかして、海の近くに居るみたいな偽造工作なのか?
南関東・・・・そう遠くはないな。南関東なら以外と簡単に脱出できるかも。
僕は関東だからと楽観してたが・・・・
聞いた話では相当厳しいらしい。まず冬は絶対山越えは無理らしい。
話しを聞いたら決断が鈍る・・・・・・

僕「正直脱出の可能性はどれくらいですか?難しいのでしょうか」

川口「簡単と言えば簡単だ。難しいと言えば難しい」

僕「ハァ?どう言う事ですか」

川口「道に沿って迷わないで辿りついたら直ぐだ。しかし・・・・・・・・」

僕「しかし?なんですか」

川口「例えばここが静岡とか長野だとする。
道を間違わないなら良いが方向を少しでも間違うと死に直結するんだ。
なぜかと言えば山は本当に怖い所だ。よく遭難とか聞くだろ?
山を登って下れば町に出ると思ったら大間違いだ。
登って下ってもまた山が果てしなく続く。
景色も同じだし険しくて方向転換を余儀なくされる。
富士の樹海に迷いこんだら出てなくなるのと同じだ。
それに蛇に噛まれたり怪我をする可能生もあるんだ。
夜になればもっと危険だ。最低限たいまつと食糧寝袋は必要だ。
それとサバイバルを生き抜く道具と精神力だ。
生半可な気持で山を下りるなら野垂れ死にする」

僕「ありがとうございます。勉強になりました」

本当にこの人はすごい。




続きを読む
  1. 2009/04/19(日) 23:29:03|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。