2ちゃんコピペ

ひひひ( ^ω^)

スポンサーサイト




上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。





  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

アトムの最後





438 名前:2/1 投稿日:2006/08/28(月) 21:40:27
手塚治虫恐怖短編集より 「アトムの最後」

2055年の休館中のロボット博物館に一組のカップルが到着。
男が守衛を射殺し扉を破って、二人は中に入る。
中には無数のロボットが安置されていた。
二人はその中からあの有名な鉄腕アトムを見つけ出しスイッチを入れる。
急に長い眠りから覚まされ困惑するアトムに男は事情を語りだす。

未来のこの世界はロボットによって人間が支配されており、人間はロボットの娯楽のために闘技場で
人間同士殺し合いをさせられたりしていた。
男もそうした剣闘士の一人で、試合直前に武器を奪って闘技場を脱走し、
幼馴染の女をさらってここに逃げてきた。
男はアトムに言う。

「君は人間のために闘ったロボットだと聞く。もし本当にそうなら自分たちを守って欲しい」と。

アトムは愛し合う二人を守ることに決め、
彼らを抱きかかえロボットに追われながら無人島まで到達する。

だがそこにも追っ手が迫る。アトムは二人を隠れさせ自分は追っ手たちを食い止めて時間を稼ぐ事にする。
アトムは最後の戦いに赴く前に男と会話を交わす。
「僕の時代では人間とロボットの関係はうまくいっていたのに
 未来ではこんな風にになってしまうなんて…でも君たちはそうじゃなくて良かった」
男はアトムの言葉に違和感を感じる。
「もしかして彼女がロボットだと知らなかったのかい?僕は知ってるとばかり思ってた」
もう時間が無い。アトムは空へ飛び立っていった。




続きを読む
スポンサーサイト
  1. 2014/02/14(金) 00:58:59|
  2. 胸糞
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

錬金術師





473 名前:本当にあった怖い名無し :2009/06/24(水) 09:41:29
昔富士見かなんかで出てたラノベ。
ファンタジー世界の職業とかをモチーフにした短編連作集だったと思う。タイトル忘れた

主人公は旅をしてるんだけど、その途中で錬金術師の師弟と知りあう。
「わしゃあ金を作るんじゃあ」とかじーさんが真面目に言ってて生暖かい気持ちになる主人公。
でも既に銅とか銀の精製には成功してる、と聞いてびっくりする。
動物の腸を使ってうんぬんかんぬん…知性の高い動物ほど
価値の高い金属ができるんじゃ!とじーさんは嬉々として説明する。
すごいなーと思いつつも何だか腑に落ちない主人公。
そこにじーさんの弟子の、若い兄ちゃんがでてきておかしそうに耳打ちする。
「俺がこっそり金属の欠片を魔法薬とやらに溶かして混ぜてるんですよ。
 だから抽出すると金属がでてくるってわけ」
何でそんな事をしてるのかというと、弟子の兄ちゃんはじーさんの孫娘に惚れてて
嫁にもらいたいんだけど、じーさんはこれまで研究が中々進まず超不機嫌で
全然取りつく島がないので、とりあえず研究が進んだと思わせて機嫌を良くさせたいのだという。
「俺がこっそりやってるともしらず、成功だ!て無邪気なもんですよ」
じーさんは次は猿の腸で試すという。今度こそ金が作れるはずだ!と。
主人公が、では次は金を溶かしておくんですかと聞くと
金は上手く溶かして混ぜることができないのでまた銀でごまかす、と弟子は笑う。
そして折をみてじーさんに、孫娘を嫁にさせて下さいと頼んでみる、と。
主人公は師弟と別れ、次の街に行くのだがそこである話をきく。
とある街で錬金術師が実の孫を殺し、役人にとらえられたのだという。
弟子に事情を聞こうとするのだが半狂乱で「俺のせいだ!俺のせいだ!」と
叫ぶばかりで何も聞くことができないとも。
主人公はすぐにそれが自分が出会った師弟だとわかった。そして何がおきたのかも。
錬金術師は猿の腸からも金ができないことに業を煮やし、
更に知性の高い動物、すなわち孫娘の腸を使って実験をしたのであった……。

細かい部分に違いがあるかもしれないけど確かこんな話。
このシリーズは他にも新婚旅行の船旅で海賊にさらわれた歌姫の行く末…とか鬱な話が多かった。
でもこれが個人的に一番後味が悪い話。


474 名前:本当にあった怖い名無し :2009/06/24(水) 09:49:17
途中でオチが十分わかってしまうまとめっぷりで、分かった時点でもう
先を読みたくなるほどの鬱だな。
でも、書いてあると読んでしまうのが人情で、読んでやっぱり鬱になる。
非常に後味が悪く秀逸。


524 名前:本当にあった怖い名無し 投稿日:2006/06/24(土) 13:17:20
「キャラクター・コレクション」っていうテーブルトークRPGに出てくる職業を
ショートショートを交えて解説するっていう本があって、
その本から「錬金術師」のショートショートを。

主人公の吟遊詩人がある町で、錬金術師に出会う。
錬金術師は実験により、生物を特殊な液体に入れると金属が出来ることを発見し、
更に高度な生物ほど価値のある金属が出来ることを知る。
「犬からは銀が出来た。人間に最も近い猿からは金が出来るに違いない」と確信する錬金術師。
主人公はその液体の正体を問うが錬金術師は口をつぐむ。

その後主人公は錬金術師の弟子から液体の正体が酸であることを知る。
弟子によると、あらかじめ実験前に金属を削って酸に溶かしておき、
さも生物から金属が生成できるかのように見せかけていたという。
錬金術師も単純なもので、弟子の小細工に気付かず、素直に金属が出来たと喜んでいた。

弟子「こないだの犬を使った実験では銀を溶かしておいたんだ。」
主人公「じゃあ次は金を溶かすのか?」
弟子「金は溶けないから、また銀を溶かしておくよ。」

弟子は錬金術師の一人娘と恋仲であり、いずれは娘と結婚して師の後を継ぐつもりであった。
「ちょっと金がかかるが、師匠の後を継げるなら安いものさ」とうそぶく弟子。あきれる主人公。

数ヵ月後、別の町に滞在していた主人公は錬金術師が殺人罪で処刑され、
弟子は「俺のせいで!」と叫んで自殺したと言う話を聞いた。
猿を使った実験でも金が生成できないことに業を煮やした錬金術師は、
娘を実験に使ってしまったのだ……。

読んだのが何年か前なのでところどころ記憶違いがあるかもしれないけど、こんな感じの話。



588 名前:本当にあった怖い名無し 投稿日:2006/06/25(日) 14:20:10
>>524
キャラコレナツカシス。他にも後味が悪いのがあったな。俺が覚えてるのは「暗殺者」と「スパイ」。
昔の話なんで細部が違ってたら誰か訂正してくれ。

「暗殺者」
ある国の王子が召使いの少年に暗殺された。召使いはある宗教団体で養成された暗殺者で、
王子の父である王が、その宗教団体を弾圧した報復としてだった。
主人公である吟遊詩人はその王に招かれ、捕らえられた少年に歌を歌って聴かせる様命ぜられる。
なぜこの様な事をするのかと疑問を抱きながらも、詩人は歌を歌って聴かせる。
歌い終わった後、詩人は少年の頬に一筋の涙が流れているのを目にする。

城を去る前、詩人は家来になぜこの様な事をしているのか尋ねる。真相はこうだった。
この宗教の教義は、現世で苦しければ苦しいほど、来世での幸せが約束されると言うもの。
なので、拷問したりすぐに死刑にしても意味が無い。
そこで王は、現世での様々な喜びを歌った歌を聴かせることを思いついた。
たった一回しかない人生を、教義の為に浪費してしまったと気づかせるために。

刑が執行される直前まで、少年は「死にたくない!」と泣き叫んでいたと言う。



589 名前:本当にあった怖い名無し 投稿日:2006/06/25(日) 14:20:23
「スパイ」
ある国(A国とする)の酒場で、その国の王の武勲を称える歌が歌われていた。
みな喜んで聴いていたのだが、一人の男が「武勲なんて嘘だ!」と叫んで、
いい気分を邪魔された客達に小突き回される。
主人公の吟遊詩人に助けられた男は、なぜこんな真似をしたかと話し始める。

男の正体はスパイ。以前の戦では、攻め込む予定の隣国(B国とする)への潜入任務を命ぜられていた。
いわゆる「草」と呼ばれる任務で、まずはB国に何年も住み込み、周囲の完全な信頼を得る。
そして戦が始まると、内部から手引きをしてA国を勝利へ導くのだ。

男は命令どおりB国へ潜入し、ある大商人の家へ奉公人として雇われた。
何年も過ごすうちに大商人に認められるようになり、将来の後継者として一人娘を妻に迎えるまでになった。

やがて戦が始まった。男は大商人の後継者からスパイへと戻り、任務を忠実に実行した。
B国は壊滅し、A国の大勝に終わった。
男は王から褒賞をもらうも、その心は空虚だった。

家族を探して廃墟をさ迷い歩く男。その結果、愛する妻は兵達に犯され自害した事実を知る。

男は詩人に語りかける。
「なあ、信じられるかい?あんたの目の前にいる男は、戦を勝利に導いた英雄なんだぜ?」


594 名前:本当にあった怖い名無し 投稿日:2006/06/25(日) 16:39:31
>>588-589
なんか鬱展開ばっかしだねえ。
地の文で一般的な解説をしてショートショートで意外な一面みたいなのを
紹介するって構成かな?
しかし、裏方っぽいその3職業でそんなエピソード見せられたら演じたくなくなるなぁw


596 名前:588 投稿日:2006/06/25(日) 17:00:31
>594
暗殺者とスパイは職業柄こうなるのも仕方ない面もある。
他の職業では、スカッとする話や心温まる話もあるよ。


598 名前:本当にあった怖い名無し 投稿日:2006/06/25(日) 17:54:46
>>588
どの話も捻ってあって面白いね。
でも、この場合、暗殺者の少年は物凄く苦しんだ→来世では幸せ確定!とならないんだろうか。
現世での喜びをフイにして暗殺者として生きた事を自覚した時点で、物凄く不幸になった筈だよね。
そうなったらもう、意地でも教義にしがみ付き、来世は幸せなんだと信じようとする方が普通なのでは。

王様がどういう反応を期待してその措置を取ったのか、考えれば考えるほど深読みしてしまうけど、
少なくともこの宗教団体の指導者側は、全く反省なんかしないんだろうな。
寧ろ、「あの少年は苦しみながら死んだので祝福された」とか宣伝しそう。確かに後味悪いわ。

何か取りとめもないレスでごめん。


630 名前:524 投稿日:2006/06/26(月) 00:32:20
キャラコレを読み返してみたら、こんな話もあった。

「海賊」

主人公の吟遊詩人はある港町の酒場で年老いた歌姫の歌を聞く。その内容はこうだ。

歌姫は若いころ、旅の途中で知り合った男と恋仲になり、港町へ戻る船上でささやかな結婚式を挙げた。
しかしそこへ海賊たちが現れ、略奪と殺戮を始める。
夫となった男も歌姫の目の前で斬殺され、また船で唯一の女性であった歌姫は
死よりも悲惨な運命を体験することとなる。

ある時、身も心もぼろぼろになった彼女に、海賊の頭は自分のために歌を唄えと言う。
拒む彼女に対し、唄わなければ殺すと脅す頭。
しかし彼女は「自分にはもう恐怖はなく、あるのはただ悲しみと憎しみだけ」という。
頭はそれを聞き、「ならば俺を呪う歌を唄ってみろ」という。歌姫は呪いの歌を唄う。
それは海賊たちさえ恐れおののくほどだったが、頭は嬉しそうである。
やがて頭は歌姫をボートに乗せて解放してやる。遠ざかるボートに向けて怒鳴る頭。
「その歌を多くの連中に聞かせてやれ、俺の恐ろしさを世間に広めてやるんだ!」

彼女は言うとおりにした。いずれこの歌が海賊に災いをなす日が来ることを祈って。

彼女の歌を聴き終わった主人公は感動と共に空しさを覚えた。
件の海賊の頭は三十年も前に内輪の争いで命を落としていたのだ。
歌姫の歌は多くの人々の心を動かしたが、肝心の頭には傷ひとつ負わせることは出来なかったのである。
それでもなお、彼女は呪いの歌を唄い続けるのだった。




  1. 2014/02/10(月) 21:52:42|
  2. 胸糞
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

海賊





607 名前:キャラクターコレクション<海賊>1-2 :2009/06/26(金) 09:12:32
吟遊詩人である主人公は旅の途中、ある街で有名な歌姫の歌を聞いた。
歌姫は、もうかなり高齢なのだが今だ舞台に立っており、人々の心を動かす歌を歌い続けていた。
その内容はこうだ。

まだ彼女が若かった頃の話だ。
歌姫は結婚したばかりの恋人と船に乗っていたのだが、
不運にも二人を乗せた船が海賊ビラーダの襲撃を受けた。

船の乗客は、ただ一人の女性であった彼女以外皆殺しにされ、恋人も目の前で斬り殺された。
そして彼女は海賊船に連れ去られ、死ぬより辛い日々を送ることになったのだ。

ある時、海賊の親玉ビラーダは戯れに彼女に歌を請う。
もはや涙も枯れ、身も心もボロボロになった歌姫はいった。
「歌は心でうたうもの。私の心はもう閉じてしまったから、歌うことはできません」
歌わなければ殺す、と脅されても歌姫はひるまない。
もう自分の中には何もない。恐怖も、生きる希望も、喜びも。
あるのはただ悲しみと憎しみだけだ。

するとビラーダは歌姫に、ならばそれを歌にしてみろと迫った。

歌姫は言われるがまま憎しみを歌詞に変え、絶望をメロディに変えて歌った。
それはあまりに禍々しく、さしもの海賊たちをもたじろがせた。

--------------------------------------------------------------------------------

608 名前:キャラクターコレクション<海賊>2-2 :2009/06/26(金) 09:13:36
だが、ビラーダだけは違った。
突然彼女を解放するといい、その上彼女が一番近くの街まで
たどり着けるよう、小舟と食料まで与えてやったのだ。

その理由はこうだった。
「お前はその歌を多くの奴らに聞かせてやれ。そして大賊ビラーダの名を
その恐ろしさを世間に広めるんだ!」

その日から歌姫はずっと歌い続けてきた。ビラーダへの呪いをこめて。
いつの日か自分の歌が刃となって仇の心臓を突き刺し、
嵐をおこし奴らの船を沈める日がくる事だけを願いながら……。

歌姫の舞台を見た人々は皆、魂を引き絞るような歌を前に言葉もない様子であった。
涙を流している者すらいる。
主人公もまた歌姫の歌に感銘を覚えながらも一方で
歌の力の限界を感じ、むなしさを感じていた。

彼女の仇であるビラーダはもう三十年も前に死んでいた。
もちろん彼女の歌が原因ではない。つまらない内輪揉めで仲間たちからマストに吊されたのだ。

結局、彼女の歌は多くの人の心を動かしたが、当の海賊たちには
かすり傷一つ負わせることはできなかったのだ。

むしろ皮肉にも彼女の歌は海賊ビラーダの名を不動のものにした。
彼女が死に、その存在を忘れ去られたあともビラーダの名は語り継がれていくであろうと思われた。

それでも歌姫は、また明日もこの舞台で歌い続けるのだ。
美しく、哀しいこの歌を




  1. 2014/02/10(月) 21:49:46|
  2. 胸糞
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。