2ちゃんコピペ

ひひひ( ^ω^)

スポンサーサイト




上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。





  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

くぐもった声で「おぉぉにぃぃぃぢゅぁ~ん」




239 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/02/22(月) 20:44:38.57 ID:LD4mbZQr0

ガシャポンで、ボタンを押すと音が鳴るおもちゃがあるんだ。
サウンドロップって言うんだけど、それの萌シリーズってのがあって、
妹バージョンを持ってたんだ。
ボタン押すと「おにいちゃ~ん」て言ってくれるの。

8月初め、電池の消耗か接触不良かわからないけど、鳴らなくなった。
振ったりすると時々くぐもった声で「おぉぉにぃぃぃぢゅぁ~ん」と鳴る。

夜中にコンビニに行こうと何となくサウンドロップを持って行った。
振りまわしてると鳴るんで、自宅マンションのエレベータの中で振りまわしてたら
手が滑って天井の空調?のスリットに入ってしまい、取れなくなった。
俺は、壊れてるしまあいいかとほっといた。

何日かしてエレベーター乗ってたら「おぉぉにぃぃぃぢゅぁ~ん」って聞こえてきた。
俺うぉっ、鳴ってるよ、俺の萌ドロップスゲーとか思ってたんだ。

今現在、マンション中で大騒ぎになってる。
なんでも「おにいちゃ~ん」と物悲しい声が聞こえるんだと。
あのエレベーター付近で女の子の霊を見たって人も出てきた。
お祓いするとかの話まで出てきてる。

ごめんよごめんよ いまさら真実言えない
30過ぎの毒男が萌ドロップを持ち歩いていたなんて
騒ぎ知ってる人、近所の人ごめんなさい
俺どうしたらいいんだ orz




スポンサーサイト
  1. 2014/04/02(水) 00:33:25|
  2. 怪談
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

八尺様




908: 1/9:2008/08/26(火) 09:45:56 ID:VFtYjtRn0
親父の実家は、自宅から車で二時間弱くらいのところにある。
農家なんだけど、何かそういった雰囲気が好きで、
高校になってバイクに乗るようになると、夏休みとか冬休みなんかには、よく一人で遊びに行ってた。

じいちゃんとばあちゃんも、「よく来てくれた」と喜んで迎えてくれたしね。
でも最後に行ったのが、高校三年にあがる直前だから、もう十年以上も行っていないことになる。
決して「行かなかった」んじゃなくて、「行けなかった」んだけど、その訳はこんなことだ。

春休みに入ったばかりのこと、いい天気に誘われて、じいちゃんの家にバイクで行った。
まだ寒かったけど、広縁はぽかぽかと気持ちよく、そこでしばらく寛いでいた。
そうしたら、
「ぽぽ、ぽぽっぽ、ぽ、ぽっ…」
と、変な音が聞こえてきた。

機械的な音じゃなくて、人が発してるような感じがした。
それも、濁音とも半濁音とも、どちらにも取れるような感じだった。
何だろうと思っていると、庭の生垣の上に帽子があるのを見つけた。
生垣の上に置いてあったわけじゃない。

帽子はそのまま横に移動し、垣根の切れ目まで来ると、一人女性が見えた。
まあ帽子は、その女性が被っていたわけだ。
女性は白っぽいワンピースを着ていた。
でも、生垣の高さは二メートルくらいある。
その生垣から頭を出せるって、どれだけ背の高い女なんだ…
驚いていると、女はまた移動して視界から消えた。帽子も消えていた。
また、いつのまにか「ぽぽぽ」という音も無くなっていた。




続きを読む
  1. 2014/02/13(木) 02:51:20|
  2. 怪談
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ある夏の夜の恐怖体験




484 名前: バールのようなもの(関東・甲信越)[sage] 投稿日:2010/03/07(日) 12:11:25.07 ID:6cEFEW5v

昔東京下町に住んでた頃の話
夏の暑い夜、部屋の扉を開けて読書をしてた
扉を開けるとすぐに階段があって踊場に窓がある家だった
そろそろ寝ようと思い布団に入ったが、涼しいので扉は開けたままでいた
暗闇の中ぼんやり考え事をしていると、階下の踊場の窓のロックが「カチッ」と外れる音がした
続けて「キィッ」と鍵が開けられる音がした
硬直した私はただ耳を澄ませて何が起こっているのかわかろうとした
泥棒ならこの後窓を開ける…だかそんな考えは虚しく開ける音はしなかった
代わりに聞こえたのは…「ギシッ」と、しかし体重がかかった音ではない音がした
やばいっと思ったが体は動かずまた「ギシッ」と聞こえた
あきらかに階段を上って来ている
どうにかなりそうだったが、枕元の電気のリモコンを素早く見つけて電気を付けた
何も聞こえなくなった…
その後両親を起こし、窓を見たが何も異常は無かった
今でも思い出すと震えるこの出来事は、お盆の深夜2時を過ぎた時の話です


569 名前: カッティングマット(愛知県)[] 投稿日:2010/03/07(日) 13:56:08.39 ID:pIRyLlR+
>>484
とーちゃんとかーちゃんセックスしようとする
お隣に声がもれないようにすべての窓チェック
踊り場の窓の鍵が開いているの発見
鍵が開いたように聞こえた音は逆に鍵が閉まる音
続いて2階のおまえが寝ているかチェックするため階段をあがってくる
その音にビビッたおまえあわてて電気つける
とーちゃん忍び足で1階にもどる
2階からおまえがばたばたと降りてくる足音
とーちゃんかーちゃん寝たフリ
おまえ両親の寝室に突入




  1. 2010/08/12(木) 03:20:29|
  2. 怪談
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。